冬に乾燥した肌が荒れるときは洗顔を見直す!

スポンサーリンク

乾燥肌は洗顔とクレンジングを見直しましょう
冬になると肌が荒れ かさつく乾燥肌

洗顔とクレンジングを見直す!

肌は大きく分けると外側の表皮と内側の真皮からなって
います
角質層(角層)は表皮で最も外側、最上層のことで
角層の表面に近い部分の脂質は、皮膚から水分が抜け出
るのを防ぐ働きがありますが
洗顔などで落としてはいけない皮脂まで落としてしまう
ために、肌のバリヤー機能が破壊され、
水分や保湿成分の、そうしつを防ぐ皮脂がないので角層
の細胞から、水分が抜け肌がかさつくようになるのです

バリヤー機能を壊さないために!

乾燥肌 敏感肌の方は洗顔やクレンジングの見しが必要
です
間違ったスキンケアで乾燥肌 敏感肌なってしまった方が
多く見られるようです
石油系合成界面活性剤配合
洗顔料は使用をしない

落ちがよすぎて 残こさないといけない 潤い成分まで落と
してしまいます

石けんの使用量を少なくして泡立てた方が効果的

泡立てが不十分だと、〈赤 み〉や〈かゆみ〉などの刺激が
でて肌が荒れ かさつき 乾燥状態を悪化させる結果が出てます
固形石けんなら、手の中で15回程度転がすと濃度が高くな
り過ぎです、水や空気の量を多くして5回程度転がし、

シッカリ泡を 作って使いましょうね!

洗顔とクレンジングで汚れを綺麗に落とした後は、十分な保水
と水分が抜けないように保護することで
乾燥肌も改善されて来ます

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加