スキンケアはシンプルでも美肌になる方法

スポンサーリンク
Pocket

外からのスキンケアを頑張っても
体温が低いと美肌になるのは難しい

スキンケアと理想の体温で美肌美人!
美肌になるには外からのスキンケアと体温を上げることから!
体温が低いと内蔵温度も低く新陳代謝は低下して
お肌の代謝も悪くなります。

スキンケアはシンプルでも、体温を上げることで
美肌になれる方法を紹介。

スキンケアはシンプルでも体温を上げると美肌になれる

理想の体温とは何度?

理想の体温は36.5度以上


免疫力が元気で病気になりにくい体温の温度が
36.5度なのですが、しかしスキンケアで悩んでる
多くの方は体温は低く36.5度以下!


シンプルなスキンケアと理想の体温36.5度以上で美肌作り

体温が上がると改善される症状
 
☆お肌は艶がよくなり元気で明るい笑顔に

☆基礎代謝が高くなり太りにくくなる

☆便秘解消(お肌綺麗になりますね)

☆目覚めがよくなる

☆脳を活性化し記憶力の低下を防ぐ
体温が低いと疲れやすく肌トラブルが多くなります。
肌に必要な栄養が届きにくくなり乾燥してきます
肌が乾燥すると肌トラブルが続出!

またターンオーバーが正常に働かなくなって健康な
肌が生まれてきません。外からの刺激に弱くいつも
トラブル肌で悩むことになります。

体温を上げるには

お風呂は体温をあげるのは簡単で、あまり熱くしては
効果を高められません、少しぬるいくらいでお腹辺りまで
浸かり長く入ります。

じわじわ汗がにじんでくる頃には、毛穴が開き汚れも
落としやすく、シッカリ体が温まり冷めにくくなります。

入浴剤など使うとより持続できます



寒い地域で収穫されるものは体を温める

理想の体温36.5度以上に上げるには食事はとても重要で、
体を温めるには寒い地域で収穫されるものは体を温めます。

体を温める野菜
☆冬が旬の野菜
☆地面の下にできる野菜
☆黒い色・赤い色・オレンジ色の野菜

生姜・にんじん・ごぼう・れんこん・ねぎ

たまねぎ・赤唐辛子・かぼちゃ・にんにく

にら・山芋・こんにゃく


体を温める野菜


暑い地域で収穫されるものは体を冷やす

体を冷やす野菜

☆夏が旬の野菜

☆地面の上にできる野菜

☆白い色・青い色・緑色の葉物野菜
 
きゅうり・レタス・大根・小松菜

トマト・おくら・なす・セロリ

ゴーヤ・キャベツ・白菜・ほうれん草
食事を考えるとき寒い地域で収穫されるものは
何かしらなんて考えるのも脳活性化になります
生姜は年中あり体がポカポカと温まります。



体温35度ではガンになりやすい!

体温が低いと便秘・むくみ・疲労物質の蓄積で
疲れやすく明るい笑顔が出ないなど体温の低い方に
多いようです。

少し動いただけで疲れやすいのは体温が低く血流が悪いから
体内に疲労物質が蓄積され疲れやすくなってきます。

そればかりでなく

体温が35度ではガンになりやすい!

ガン細胞が最も増殖しやすい温度が35度、免疫力の低下を
防ぐためにも体温をなければなりません。

寒くなると風をひきやすい、傷ついた肌の治りが遅い、
これらも免疫力の低下で体温を上げましょう。

まず理想の体温36.5度以上に上げ元気になることから
やってみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加