シミのできる原因と無くす対策

スポンサーリンク

シミになる原因は、紫外線の影響が大きく いかに紫外線にあたらないようにするかが重要です。紫外線にあたると、皮膚が炎症を起こし肌を守ろうとメラニンが生成されます。

シミのできる原因と無くす対策
この時に過剰にメラニンが生成されて色素沈着したものが薄い黒色をした斑点
となりシミとなって出てくるのです。

★肌に紫外線があたると、メラニンを作る細胞(メラノサイト) 刺激して
真皮にある肌の核を紫外線から守るために黒いメラニン色素を生成します

★ メラノサイトは表皮の一番奥にある根底層にあり、メラノサイトがメラ
ニン色素を生成 してるおかげで紫外線から肌を守ってます

★日焼けすると、肌が小麦色に焼けてくるのはバリア機能がキチンと
働いているということです

★肌が小麦色に焼けたメラニン色素は、新しい細胞が生まれると皮膚表面に
押し上げられて垢となって剥がれて落ちます
では何故!

シミとなってしまうのか!消えにくくなってしまうのか!

ターンオーバー(肌の新陳代謝)が正常に働いているのか!健康な肌は、ターンオーバーの周期が28日で新しく生まれ変わります。しかしこの周期が遅れてくると、古い細胞となったメラニン色素は蓄積され真皮に色素沈着してシミとなってしまいます。



ターンオーバーの周期が遅れてくる原因!

(加齢、紫外線、酸化、ストレス)

年齢 ターンオーバーの周期
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日


しみを消すターンオーバーを正常化させる方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加