スクラブ洗顔で毛穴の黒ずみを落としツルツル肌

スポンサーリンク
Pocket

鏡を念入りに見ると鼻の周囲の毛穴がふさがって黒ずんでる!
いつの間に・・・? どうしよう・・・



スクラブで毛穴の奥の黒ずみを落としツルツル肌に!
そういった場合にはスクラブでツルツルになりましょう
日頃の洗顔では、肌に目詰まりした余分な角質はどうしても
落としきれません。余分な角質を効果的に取り除いてくれるのが
スクラブの良いところです。

スクラブ洗顔で毛穴の黒ずみを落としツルツル肌

通常の汚れなら、やんわりモコモコ泡で汚れを落としてあげるのは、肌にはすごくいいことですが、ただ、頑固で不要な角質や汚れはこのくらいの泡では落とせずに蓄積されてしまいます。

皮脂に関係があります。皮脂腺は毛穴の中にありホコリや汚れで毛穴が塞がれると毛穴の中に溜まります。特に鼻の周りは皮脂が多く分泌されやすく汚れが溜まり毛穴は少しずつ開いて、そのままだとさらに!皮脂は溜まり毛穴は開いた状態になって黒みを増して見えます。

毛穴に溜まった無駄な皮脂と古くなった角質は結び付き角栓(老朽化した角質)となり
毛穴を詰まらせます。外出した時などは排気ガスとか、ホコリを洗顔で綺麗に落としてあげましょう。

そのまま汚れと皮脂は一緒になって酸化してニキビのできる原因!
毎日の洗顔は丁寧におこないニキビや黒ずみを防ぎましょう。

スクラブで綺麗に毛穴の奥の汚れを落とす

通常の洗顔で落とせない角質はスクラブ入り洗顔料

スクラブは粒子状のパウダーが摩擦効果で黒味をおびた毛穴の汚れや角質を綺麗に落としてれます。この時に注意したいのが、スクラブは刺激が強く、ゴシゴシ擦ると肌を傷つけてしまうので優しくおこないましょう。

洗顔料に含まれれる粒子状パウダーの摩擦効果を利用して、汚れを落とすので強く擦ると肌を傷つけます。スクラブ洗顔料は、コンニャク・小豆・米・砂糖・アーモンドなどを配合した天然の原料を使ってるものが多く、黒味をおびた毛穴の汚れを綺麗に落としスクラブ後は肌がツルツルの肌に優しいスクラブができるようになってます。



スクラブ洗顔前の準備

☆ぬるま湯で予洗で肌を湿らせ、毛穴を開いておく
Tゾーン鼻筋の部分は古い角質や毛穴の汚れが溜まりやすく、優しく念入りにスクラブを行いましょう。スクラブは摩擦を利用して汚れを落としますので、強く擦るのは、洗顔料で擦って、さらに!手で擦る事になり肌に負担がかかります。気をつけましょう

中指・薬指を使うと力は入りにくくなります

後は流水で洗い残しのないように丁寧にすすぎましょう
スクラブ洗顔後は補給と保湿のスキンケ

洗顔後はツルツルの水分を吸収しやすい肌になってます。綺麗なタオルで軽く押さえながら水気をとったら、お肌に 化粧水を補給してあげるとグングン肌に吸収されるのを実感できます。

次は補給した水分を飛ばさないよう乳液・ゼェル・クリームでカバー保湿をシッカリしてあげて下さい、角質が蓄積されると肌の新陳代謝が悪くなり、健康で綺麗な肌は再生されにくくなってしまいます。

キメの細かい肌を目指すには、肌の表面にこびりついた汚れや皮脂、角質をやさしく取り除いてあげると、角質が乱反射をしてキメの細かく綺麗な肌に見えるようになります。



スクラブのやり過ぎは注意!

スクラブ洗顔は肌に負担をかけるので毎日ではなく、週に1~2回とか10日に1~2回とか肌質に合わせておこないましょう。またデリケートな部分、目の周辺や口元などは控えましょう。

頻繁なスクラブは良くありませんが、古い角質が残ってるのは肌トラブルの原因!肌質にあったスクラブをたまに行うのは綺麗な肌を維持するためには良い方法です。


スクラブの関連記事

固い角質を取り除く手作り塩スクラブの作り方 固い角質を取り除く手作り塩スクラブの作り方 スクラブ洗顔のやり方/とっても簡単な作り方!
スクラブ洗顔のやり方/とっても簡単な作り方!
シュガースクラブを手作りで敏感な肌を修復
シュガースクラブを手作りで敏感な肌を修復
サボンスクラブ使い方は顔をなでるだけでOK
サボンスクラブ使い方は顔をなでるだけでOK
スクラブ洗顔で毛穴に詰まった鼻の黒ずみをとる
スクラブ洗顔で毛穴に詰まった鼻の黒ずみをとる
手つくりの砂糖スクラブでツルツルの柔らか肌に
手つくりの砂糖スクラブでツルツルの柔らか肌に
スクラブは洗顔では落とせない毛穴の奥の黒ずみを落としツルツル肌に!
スクラブは洗顔では落とせない毛穴の奥の黒ずみを落としツルツル肌に!
リップスクラブの作り方とやり方はシンプル
リップスクラブの作り方とやり方はシンプル
フェイススクラブを家庭にある物を使って手作り
フェイススクラブを家庭にある物を使って手作り

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加