塩洗顔が肌を引き締めスベスベの透明肌!

スポンサーリンク
Pocket

低コストでスベスベの透明肌つくり

塩洗顔って刺激があり過ぎて肌にあまり、
良くないなんて思ったりしません?
洗顔の仕方が悪いと色んなトラブルの原因 歯ブラシに塩を乗せて磨くと
歯茎が引き締まり、出血してるときは
塩は効果あります。

その塩を利用して、洗顔をすると!
お肌が引き締まりスベスベの透明肌 になります!
塩は刺激が強すぎてお肌を痛めるような
感じですが、実際にやってみると肌を引き締める
効果とニキビ予防にもなるんです。

塩洗顔の効果

塩を使った洗顔は血行がよくなるので新陳代謝をアップ!
小さな粒子が毛穴に入りこんで奥に詰まってる汚れを落としてくれます。

また塩には防腐作用があり、殺菌してくれますのでニキビの原因である
アクネ菌の繁殖を防いでくれるんです \(^0^)/

コスト的にも安い塩は長期保存がきくので便利

塩洗顔の方法

とっても簡単!
手と顔をぬるま湯で濡らしたら、小さじ1杯程度の塩を手の平に
軽く擦る感じで広げたら、そのまま顔に軽く優しく撫でる感じで
マッサージしたら洗い流すだけ!
最初は短時間でマッサージ、あまり長くならない方がいいかと思います。
顔全体に行き渡ったら、水かぬるま湯で流すだけ!
とっても簡単ですね! (=⌒o⌒=)

始める前にテスト
低コストで効果を期待できる塩洗顔を始める前にテストしてからおこないましょう。腕の内側とかに塩が合うかテストして大丈夫と思ったら始めるといいですね。

やり過ぎに注意
肌に優しく擦らないよう洗顔はします。もし洗顔中にピリピリ・ヒリヒリしたり、違和感があったら直ぐに洗い流しましょう。やり過ぎはしわ・シミ・色素沈着の原因です。

塩を購入するときは、天然塩で粒子の小さいものを選びます。天然塩はミネラルが多く含まれてるので洗顔でミネラルが肌に浸透するのを期待できます。

ピーリング効果のある塩は粒子が大きいと毛穴に入り込めずに汚れ落ちが悪くなります。また肌を傷つけことも考えられますので粒子の小さな物を利用しましょう。

塩洗顔をする場合週1回~10日に1回とか肌質の状態をみて、やり過ぎないようにしましょう。 (^-^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加