大人ニキビ対策に大切な睡眠と熟睡するための食べ物

スポンサーリンク
Pocket

大人ニキビ対策に睡眠/質短時間熟睡をとるための食べ物は!

大人ニキビ対策に睡眠/質の良い深い眠りをとるための食べ物

思春期をすぎると自然ににきびが治まってきますが、
大人のにきびは思春期のにきびと違って治るのに時間が
かかり、なかなか治りにくいのが特徴です。

この大人のにきびを吹き出物ということもあります。

20歳を過ぎてからの大人ニキビのできる原因に睡眠が
関係してます。睡眠といっても長い時間寝るというわけでは
ありません、お肌に良い睡眠で大事なのは短い睡眠でも質の良い深い睡眠です。

これまで肌のターオーバーは
22時~2時までは寝ると肌によい
と言われてました!
ところが肌を綺麗にするゴールデンタイムは眠りについてから
3時間を熟睡できると肌を綺麗にすることがわかってきました。

脳化垂体から成長ホルモンの分泌が多くなって綺麗になります。
ターンオーバーが活発に行われる時間帯!



短時間の熟睡で肌は綺麗に!

早く寝るのも眠った気がするかもしれません、仕事の関係で遅くなったりして22時~2時までの時間を眠れなかったとしても
大丈夫です (´▽`)

この時間に眠れなかったなんて諦めらめなくてもいいんです。
布団に入り眠りに就いてから、3時間を熟睡できたら昼間に傷ついた肌を綺麗に再生してくれるんです。



質の良い深い眠りをとるには?

食事で眠りを誘う
脳をリラックスさせ質の良い眠りを誘うアミノ酸として「トリプトファン」があります。このトリプトファンは脳を沈静化させる効果がありリラックスさせるセロトニン眠りをさそうメラトニンを生成します。
トリプトファンからセロトニン・メラトニンを手軽に摂取できる食品
玄米・卵・乳製品(牛乳、チーズ)・大豆製品(豆乳・豆腐・味噌汁)
鳥肉・蜂蜜・バナナ・チョコレート・レタス・緑茶・のり
例えば夕食でサラダにレタスの上にチーズをかけ眠気を誘い
食後に緑茶・チョコレートで神経細胞の興奮を抑えます。

疲労回復効果のあるものは大豆製品・のり(疲れてるとユックリ眠れません)
普段の食材から採れるトリプトファンをできるなら夕食(18時から20時)で食べたいですね。夜食(21時以降)だと寝るまでに消化されてなければ内蔵に負担がかかり質の良い睡眠をとることができなくなります。

良い睡眠をとるためには、食事は睡眠の2~3時間ほど前に済ませておくことが消化に良く、良質な睡眠をとれます。寝る前にトイレを済ませておくのも、寝てから目を覚まさない方法です^ ^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加