ニキビが化膿した跡を残さない対策

スポンサーリンク

ニキビ跡を残さないためにニキビのできる原因を知る

ニキビ跡 残さないための対策と黄色に化膿したら!

ニキビのできてから悪化してく順番
毛穴の詰まりから始まるニキビ

①白ニキビ
②黒ニキビ
③赤ニキビ
④化膿ニキビ
①~④の順番で進行するニキビ、汚れや皮脂で毛穴が詰まるとニキビはできやすくなってきます。詰まった毛穴は炎症を起こし化膿! これが隠れニキビの始まりです。


第1段階では色の白いニキビ


隠れニキビは毛穴に皮脂が詰まったことで白ニキビができます。小さいためにあまり目立たちませんが、だんだん酸化して黒くなってきます。


第2段階で黒くなったニキビ


炎症が強くなりそのままだと悪化して赤く腫れるように、この赤く腫れたニキビが
長引くと化膿して黄色になり皮膚は腫れて硬くなってきます。

ニキビの炎症が続くとニキビ跡・赤み・色素沈着に!

化膿して黄色くなったニキビの炎症が続くと、内部ではネバネバした膿が溜まり、
ニキビ跡・赤み・色素沈着となったり、凹凸が残ったりしてしまうこともあるので、
このようになる前の早い段階で適切な処置をすことが大切なんです。
ニキビを触らない!

炎症が進んでなった 赤ニキビ・化膿ニキビは刺激を与えるとますます悪化してしまいます。手で触るのは控えましょう。綺麗にしてるつもりでも、手にはバイ菌がついてます!気になるニキビを何気なく手で触っただけで菌が付着して炎症はさらに悪化することになってしまうからです。
髪に注意

ニキビを隠すためにおろしたりすると、髪に付いてる汚れや触れる事で
刺激となり炎症を悪化させるので注意しましょう

洗顔は泡をシッカリつくり手で擦らない!

炎症を起こしてる肌を綺麗にするために、洗顔をするのは大切ですが力を入れ過ぎて擦らないように優しく洗ってください。擦らないで綺麗にするためには、シッカリ泡を作りできた泡を軽く肌に押し当て泡で吸着すると擦らずにすみます。

擦らないと落ちないように思いがちですが、シッカリできた泡が不要な汚れは落として必要な皮脂は残してくれるので、皮脂の過剰分泌を防ぐ事ができ毛穴の詰まりにくくしてくれます。

ビタミン補給でニキビを予防!

外からのスキンケアと合わせて、内からのスキンケアでニキビを早く治せますビタミン郡を摂取すると治りも早くなり防止にもなるので、積極的に食事に取り入れるといいですね

ニキビに良い食べ物と控えた方が良い食品

ニキビが化膿してしまったら

初期の白ニキビなら、わりかし簡単に自分で治せますが黄色になって化膿してくると自分で治すのは難しく、さらに悪化させてしまいます。早い段階で ニキビ跡が赤色素沈着を残さなよう専門医(皮膚科)で治療してもらいましょう。

寒かった季節から暖かくなる季節は、温度変化が激しく自律神経が乱れ皮脂の分泌過剰などで毛穴は詰まりやすくなってしまいます。また生活環境の変化でストレスが溜まりニキビのできやすくなる原因になります。

できてしまったニキビ(隠れニキビ)を初期の段階でなら、専門医に行かなくて治しやすいので、正しい洗顔と食事でニキビ対策をしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加