ニキビ肌用化粧品 ファンデーション選ぶポイント

スポンサーリンク
Pocket

化粧品には油分が多く含まれていて毛穴の詰まりやすくなり
ニキビ菌(アクネ菌)の栄養源となりニキビができることが
よくあります

ニキビ肌用化粧品 ファンデーション選ぶポイント
ニキビ肌を悪化させないために使用するファンデーションに
ついて紹介します


にきび肌にはクリームタイプ リキッドタイプ パウダー!
クリーム状やリキッド状のファンデーションは、粉である顔料を液体にするために乳化剤(界面活性剤)を使用して混ぜ合わせています、

また液体なので腐敗するのを防ぐために防腐剤なども使用されていています。

クリームタイプ リキッドタイプは問題なのが混ぜ合わせる界面活性剤です、石油系の合成界面活性剤だと浸透力に優れているのですが、肌に浸透した合成界面活性剤は分解することが無いために蓄積されて肌のバリア機能を破壊して肌のトラブルを引き起こす原
因になってしまいます。


安価な商品にはたくさん配合されてるので気をつけましょう
天然系界面活性剤だと肌に蓄積されることは無く、比較的安全性
が高いので肌に負担は少ないです。


補足(天然系100%だから絶対に安全ではありません)
パウダーファンデーションだとリキッドやクリームだと塗った後に粉(フェイスパウダー)を塗らなければなりませんがパウダファンデだと一回で済みますから少しは肌への負担はも少なくなります。

ニキビ肌にはファンデーションはよくない結果的に、ニキビ肌にはクリームタイプ、リキッドタイプ、パウダーファンデーションなどで、肌にやさしいからと言ってもニキビ肌
にはよくないです。

どちらもダメだったら何を使うの!


まずは、ニキビを治しながらニキビの、できにくい肌に変えていくことが大切ですから、ニキビ肌ををカバーするためにファンデーションを使う方がいいと思います。

肌に負担をかけないファンデーションを選ぶポイントは!


☆刺激がないこと
ニキビ肌でなくても他の肌トラブルに当てはまります、刺激のあるということは肌に負担をかけてますから使用しないようにしましょう。ニキビ肌に刺激を与えて炎症がひどくなりニキビを悪化させてしまいます。
☆肌を保護する成分
ニキビ肌は、外からの刺激、ほこり、乾燥した空気などにより炎症がひどくなりますから敏感になってるニキビ肌を守ってくれるファンデーションを選びましょう。美容成分、保湿成分の配合されたファンデーションで肌を保護して潤わせることで、炎症を抑えニキビ肌の改善に繋がります。

☆石油系成分配合
カバー力が高いファンデーションには、石油系の成分が多く肌に蓄積されてニキビ肌には大きな負担になります、詳しく内容成分など記載されてない場合は、ほぼ石油系成分配合だと思ってもいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加