ニキビを治すための正しい洗顔法

スポンサーリンク

1sengan2012-1-9.jpg

ニキビを治すための正しい洗顔法

洗顔で汚れをきれいに落とす

洗顔をするときゴシゴシ力をいれ洗いを続けてません?バリア機能まで落としてしまい肌の水分が蒸散し、 潤いを維持できなくなり乾燥が進みます。 しみ、小じわなどのトラブルの原因になるなりますので気をつけましょう。

また過剰な洗顔は肌を守る大切な皮脂まで落としてしまいます。角質細胞がはがれた隙間から外からの刺激が侵入しやすくなります。 しみ、小じわなどの原因になります。

1日に何度も洗顔は毛穴を詰まらせる!

ニキビを早く治したい気持ちから、1日に何度も洗顔をするのはよくありません。洗顔後の肌はスッキリとなりますが 大切な皮脂まで落としてしまいます。水分の蒸発が早くなり乾燥してしまいます。

肌は乾燥を防ぐために過剰な皮脂分泌が始まり顔がテカリ毛穴を
詰まらせ、よりニキビのできやすい肌になります。

過剰な分泌を押さえるためにも丁寧に洗顔をした後は、
キチンと保湿してあげることがニキビの改善に繋がります。

洗顔時の注意!
ぬるま湯で手早く優しく洗いい すすぎを丁寧に行い、洗う時間よりもすすぎの方に時間をかけて行いましょう。

洗顔するときに使うお湯の温度

30℃~34℃位が適温

☆乾燥肌の方は少し冷たいと感じる25℃程度

☆脂性肌の方は35度程度

その時の肌質 肌の状況にに合わせた温度に調節しましょう。洗顔料は内容成分のいい物を選び、オイルは洗浄力が強いから肌に悪い!ミルクは肌にやさしいからいい!のではなくその時の状況、状態で使いわけすることが大切です。

天然クレイでニキビ対策!

洗顔石鹸は細かい泡が立つほど毛穴の奥まで入り汚れを落としてくれますが、泡がなくてもニキビ対策効果的なのが天然クレイ!泡が無なくてもミネラル分が豊富で肌に負担が少なく毛穴の奥まで汚れを落としてくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加