ニキビと肌に負担をかけない化粧品の選び方

スポンサーリンク

ニキビを悪化させないために化粧品選びは大切
ニキビと化粧品の選び方ニキビの予防、改善には正しく洗顔をすることですが
洗顔石鹸を使い細かい泡で擦らないようにやさしく行い1日に
何度も洗顔するのは、肌のバリア機能を破壊して乾燥が進み
ニキビを悪化させてしまう原因です。

ニキビができてしまったら、化粧品でケアしてあげないと
いけません。もっと悪くなりニキビは悪化してきます。

肌に直接触れる化粧品だから肌に負担をかけない
化粧品を選びます。石油系の界面活性剤の入ってるものは
使わないようにしましょう。

界面活性剤は肌に浸透しやすく肌の内部に入ったら分解されず蓄積されます。乾燥が進み直ぐに、ニキビの出てくる方もいますが、直ぐに表情の出てこない方でもユックリとトラブルは出てくると言われてます。

食器洗剤などで洗い物をすると手が荒れてくるのは界面活性剤が入ってるから!そのような同じ成分を肌に付けたら肌トラブルが出てきてもおかしくないですね。アルコールの入った化粧品は、アルコールの気化するときに熱を奪いスッキリしてきますが、一緒に水分も奪い乾燥が進み過剰に皮脂が分泌されてニキビのできる原因になります。

拭き取りタイプなどは簡単でいいのですがその分、刺激が強く肌に負担がかかり長く使用するとニキビは悪化して、赤くなったり、シミになったりします。毛穴を塞いでしまう油分の多いクリーム系のファンデーションは、安価なものは鉱物油=界面活性剤の入ってるのがほとんど
です、これらのものは、ニキビのできてるときには使用しないようにしましょう。

石油系合成防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)、鉱物油合成色素 などと表示されてるものは、肌の乾燥をすすめニキビの悪化する原因です。



肌にやさしい化粧品を選ぶ
天然系界面活性剤だと肌に蓄積されることは少なく、オイルフリー、無香料など表示されてるなら肌への負担も少なくなります。化粧品に表示されてる内容成分を確認して刺激の少ないものを購入してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加