めんちょうに効く市販薬オロナインの他にもまだある!

スポンサーリンク
Pocket

めんちょうに効く市販薬オロナインの他にもまだある
オロナインは殺菌作用があり、
めんちょうオロナインで治せる見分け方と治し方ってことで
紹介しましたが、早く治療した場合に治すのは期待できます。

でも悪化しためんちょうを治すのには思ってるほど期待はできません。

そして体質によっても合う、合わないがあります。
そこでオロナインだけにこだわらず、他にめんちょうに効く
市販薬はないか調べてみました。

めんちょうの状態で市販薬を選ぶ

めんちょうに効く市販薬はオロナインの他にもあります。
肌質やめんちょうの状態に合わせ、肌に負担をかけない
治療を行いましょう。

 肌の弱い人はドルマイシン軟膏

ステロイドを配合された物をめんちょうの治療に、
長く使うと副作用のリスクがあります。


そんな心配がないのがドルマイシン軟膏!

ステロイドを含まないドルマイシン軟膏は、肌の弱い人に
負担が少なく1~2週間ほど継続して使うことができます。

化膿してなければテラマイシン軟膏

めんちょうの原因である黄色ブドウ球菌にしっかり効果を、
期待できるのがテラマイシン軟膏。ステロイドを配合してなく、
1~2週間ほど継続して使うことができます。

 化膿してるようならテラ・コートリル軟膏

ステロイドを配合したテラ・コートリルは消炎効果を持ってます。
炎症が強く化膿してるめんちょうに効果を期待できます。

ステロイドを配合してますが肌に負担をかけない、弱いステロイドに
なってます。長く使わず1週間ほどでしたら副作用の心配はありません。

 本当は皮膚科で診てもらう方が早く治るし薬代も安くなります。
でも皮膚科までの往復、診察までの待ち時間、仕事など考えたとき
できるなら市販薬で治したいですね。


早めに治療すると、オロナインの他市販薬でも効果は期待できます。
もし不安だったら
皮膚科に行き治療してもらいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加