めんちょうが出来た場所の化粧はする?しない?

スポンサーリンク
Pocket

めんちょうが出来た場所の化粧はする?しない?

めんちょうが出来たとこの化粧はする めんちょうができる原因
吹き出物の一種めんちょうができてしまう原因として、栄養の偏り・眠不足・過度のストレスなどによって免疫力の低下やホルモンバランスが崩れめんちょうができやすくなります。


「黄色ブドウ球菌」
食中毒を発症させることでよく知られている
代表的な菌でもあります。
皮膚や外界に普通に存在しており、小さい傷や皮膚に湿った状態が長くと
黄色ブドウ球菌が球菌が周辺の皮膚に感染して腫れて化膿した結果めんちょうになってしまいます。
よくできやすいのが顔の中心で、鼻の頭や眉間から口の周辺にできやすく、
他に背中や体にできることもあります。
他に皮膚の湿った状態が続くと水虫にもなりやすく!
それも「黄色ブドウ球菌」が原因なんです

めんちょうが出来たとこの化粧は

☆化粧は可能な限りしない!
化粧は可能な限りしない 顔にできると目立つのでメイクで隠したいですよね、でもよけい感染が悪化し治るのが遅くなります。化粧水や美容液などは殺菌効果は期待できませんし、逆に他の部分に感染が広がり治りが遅くなるり、長い間恥ずかしい思いをしなくてはならなくなります。
可能な限りめんちょうのできた場所の化粧やメイクを避け
めんちょうに刺激を与えないようにしましょう。
早く治療すると自分で治せるので、その期間はめんちょうの出来た場所は化粧を避け市販薬を塗り治すといいですね。
めんちょう 治し方は市販薬でOK!

市販薬を塗りマスクで患部を保護対策

市販薬を塗りマスクで患部を保護対策 化粧で隠さずに、市販薬を塗ったらマスクで患部を保護するのは、隠すこともできるので良いのではないでいしょうか
手で触らない!治療するときは手をしっかり洗う
めんちょうが気になり、つい触りたくなると思います。でもそこはグット我慢 手にはたくさんの雑菌がついています。触ることで手に付いてる雑菌はめんちょうに感染して、ますます菌は繁殖!!
なので治療するときは手をしっかり洗い、手が触れないようマスクで保護 めんちょうのできている期間はマスクが役にたちます。恥ずかしい思いをしなくて良いですね、めんちょうに手が触れても 直接でなく感染を防ぎ早く治すことができます。

めんちょうと便秘

めんちょうをできやすくする便秘!
便秘になるとめんちょうができやすいと言われ、実際 めんちょうのできやすい人に便秘がちな方が多いのです! 便秘の改善と予防に心掛けめんちょうのできにくい体質になりましょう。
便秘解消法
便秘解消法食物繊維を摂る

☆ 栄養が偏らないようバランス良く摂る
☆ 食物繊維を摂る
☆ 運動
☆ 睡眠
寝てる間に副交換神経が働き昼間にダメージを受けた皮膚を修復してくれます。睡眠時間が短いと思われる方はシッカリ睡眠をとるようにしたいですね。
☆ 刺激の強い飲食物は控える
辛い食品、過剰なコーヒー・アルコール類
☆ タバコ
ニコチンを分解するのに体内にあるビタミンをたくさん使い、若いときは綺麗だったお肌は年齢が上がるに連れ、吸わない方よりお肌が綺麗と言われなくなります

過剰摂取を避ける

タバコを吸ってるからビタミンをサプルメントなどで、たくさん摂るのはいかがかなって思ったりもします。確かにタバコのニコチンを代謝するにはビタミンを補給すると良さそうです。でもたくさん摂って本当に体に良いのでしょうか?
例えばアルコールは適量飲むなら体に良いのは間違いないです。
しかし飲み過ぎるとどうでしょう、肝臓に負担がかかりきつくなりますよね。そんなことを長く続けてると肝臓を壊してしまうじゃないですか、
ビタミンだって必要以上に摂っていれば代謝するため内蔵に負担をかけ、いずれどこか悪くなると思いませんか?
水溶性ビタミンはオシッコで流れますが、脂溶性ビタミンは過剰摂取による副作用が出てくる危険性があります。
そうなると めんちょうのできにくい綺麗なお肌にするつもりがボロボロになりそうです。そうならないよう早めの対策が必要ではないでしょうか ^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加