メイク落としとクレンジングの違いは?

スポンサーリンク
Pocket

メイク落としとクレンジングの違い

メイク落としとクレンジングの違いは どちらも同じ化粧落とし

メイク=クレンジング 落としにはオイル リキッド ジェル
ローション クリームながあります
クレンジングで落としきれなかった古い角質 毛穴の垢 汚れを[洗顔料]を使います
洗顔料は泡の細かいものがよく落ちます
1☆クレンジングオイル
界面活性剤が多く含まれるほど洗浄力が強くなり肌へ
の負担も大きくなる 濃いメイクの時に使用する
界面活性剤は天然のものを選ぶといいですね 石油系
合成系はあまりよくないので避けた方がよさそうです
2☆クレンジングリキッド
リキッドにはオイルが入ってなく洗浄剤と水が主成分
オイルより洗浄力は弱い 肌に優しいのはリキッド
3☆クレンジングジェル
液状の弱酸性でメイク 毛穴の汚れ 皮脂を落す洗浄
剤と水が主成分 オイルより洗浄力は弱い
4☆クレンジングローション
液状洗浄剤でメイクや皮膚の汚れなどを取り除いてく
れる 乳状、液状などがある
5☆クレンジングミルク
乳液で白濁している メイクや皮膚に付着した汚を落
とす 拭き取りタイプと洗い流しがあり
洗浄力は少し弱い
6☆クレンジングクリーム
オイル成分と水分を均一に混ぜ合わせたクリーム状の乳
化剤 肌にやさしい
一般的に1~6の順に戦争力は弱くなりますが肌にはや
さしくなってきます

戦争力が強いからオイルはよくない!

毛穴に汚れが残ってる事のほうが肌にはよくありませんその時の
肌質 状況にあわせて1~6を使い分けクレンジングの後 ケアー
をしてあげた方が肌もきれいになります。

ポイント!
クレンジング剤を使い化粧は落とす
洗顔料は毎日の肌の汚れを落とす

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加