髪の毛が切れる原因と育毛・発毛を促進させ頭皮環境を改善する方法

スポンサーリンク

切れ毛多く止まらい『切れるのはなぜ?』
どうすると止まるのか
わからない?!

髪の毛が切れる原因と育毛
そんな人の頭皮はあることが起こってます。
原因を知って元気な髪を育てる
育 毛・発毛促進する方法を紹介

 髪の毛が切れる原因頭皮糖化

頭皮糖化って耳にしたことありますか?
この頭皮糖化が女性の育毛・発毛促進を妨げる
これまでになかった原因!

糖化ってなんなの?

糖化とは肉やパンを焼いたとき少し焦がしますね
香ばしくなって美味しくなります。そのとき硬くなって
色が変わることを糖化といいますが、頭皮も硬くなると
頭皮糖化といって同じです。

しかし頭皮の場合は硬くなるのはよろしくありません。
どうして頭皮が糖化すうるかは、食生活や外部から刺激などで
頭皮のたんぱく質と糖が結びついて変性することで硬くなります。

頭皮糖化によって硬くなった頭皮は血流が悪くなるため、
髪の毛まで栄養が届きにくくなります。

例えば畑でもそうですね。

耕してから作物は植えます。畑が固いと
作物は栄養を吸収できなくて育ちません。

髪の毛も同じことで硬くなった頭皮からは、十分な栄養がとどかないため
元気のない髪が生え、切れやすい・もろくなる・ツヤがなくなるなどの症状が
現れてきます。

頭皮と顔は別のような感じですが、顔の延長が頭皮で
顔のケアは入念でも頭皮はそこまでケアしません。

でも紫外線など外部の刺激が加わりやすい頭皮は、
顔以上にケアすることが大切で、髪の切れ毛が多いかたは
特に頭皮のケアをしてあげないといけません。

頭皮糖化をつくる原因

毛染め・パーマ、・食生活・ストレス・紫外線
など日常の生活の中で糖化を作られます。

私が思うところでは毛染めは良くないと思ってます。

年齢のせいもあるとは思いますが、毛染めを始めしばらくしたあたりから髪の毛の抜けが多くなったかなって思うことも、それから頭皮が見えるようになったように思います。知人もやはり毛染めを始めたしばらくした頃から抜けが
多くなったと言ってます。



糖分の摂取を控える

血糖値が高くなると糖化しやすくなりますので、食生活に気をつけ血糖値を
上げないことなが大切です。もし甘いものを欲しいとは血糖値を緩やかに上げる
果物を食べましよう。砂糖などを原料にしたものは血糖値を急激に上昇させるのでよくありません。

それと血糖値が急激に上がるとインシュリンが
たくさん分泌され脂肪として蓄えられ太りやすく
なります。

▼インシュリンをユックリ分泌させると良いことが▼
インシュリンをユックリ分泌させるには



熟睡3時間が傷ついた髪・肌を修復

睡眠も大切で、3時間の熟睡時間は寝てる間に副交換神経が傷んでる髪や肌のの修復をしてくれます。しっかりとり頭皮糖化による抜け毛を防ぐために健康管理は重要です。また、外出するときは紫外線を大量に浴びないよう帽子を被り防ぎましょう。

頭皮糖化による髪への影響

頭皮糖化は髪が健康に育たず切れやすい
 
☆毛に元気がなく育っても切れやすい

☆頭皮が硬いと柔軟性や弾力がなくなる

☆髪にツヤ・ハリ・コシがなくなる

☆血流が悪いため髪は栄養不足になり切れやすい
硬くなった頭皮は汚れも落ちにくく、より糖化しやすくなるため頭皮に栄養が思うように届かなくなり、高価な育毛剤などを使いケアしても、髪まで栄養は届きづらく期待してるほどの効果を得られなくなります (+_+)

そのため頭皮の糖化を防ぐことが、育毛・発毛促進させ
頭皮環境を改善する始まりと言えます!


頭皮の保湿ケアによる育毛ポイント

糖化した頭皮のケアは保湿が大切!

顔は肌が乾燥しないよう保湿をしますね、
頭皮は顔と繋がってます、顔のケアと同じで硬くなってる
頭皮も保湿してあげ弾力を蘇らせないといけません。

女性と男性とは薄毛になる原因が違います。
女性専用の弾力を蘇らせる頭皮エイジングケア

完全女性専用切れ毛を防ぎ健康な髪を育てる育毛剤

頭皮の環境が改善され弾力がでてくると、
元気な髪が育ち切れ毛で悩むことはなくなります(^^)

頭皮が弾力を失わないためのシャンプー

シャンプー剤は低刺激のものを使う
シャンプー剤は低刺激のものを使う

汚れ落ちが良く低単価のシャンプーは石油系の界面活性を使用してるものが多く、頭皮の乾燥を防ぐ皮脂まで落としてしまい乾燥が始まり弾力を失います。少し高くなっても天然のものを原料にしたシャンプーを使った方が、頭皮の弾力を蘇らせるために使う高価な商品を購入するより安くなるのではないでしょうか?

キューティクルを引き締め髪につやを出す

髪を洗った後はタオルで擦らないよう水分を吸い取ります。ドライヤーの温風を利用し根本を乾かしますが、毛先は水分が少しくらい残っていても構いません

根元に水分が残ったままでは雑菌やダニなど繁殖して悪臭のでる原因!

あるていど髪が乾いたら冷風に切り替えます。髪を傷めにくく、キューティクルを引き締め髪につやを出すことができます。何よりも傷んだ髪には最適。

元気な髪が育つ前の切れやすい毛のメンテナンスは、髪が切れる前に、
切れそうになっている箇所から少し上を切るといいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加