おでこのニキビを治す方法と自分で治せるか判断

スポンサーリンク
Pocket

おでこのニキビを治す方法

おでこのニキビ思春期の場合は
皮脂の過剰分泌により毛穴に詰まってできた角栓や、
ターンオーバーの遅れから角質(皮膚組織の白いカス)の
剥がれず肌の表面にたまり毛穴をふさぎます。

おでこのニキビ治す
皮脂は排出されなくなって角栓となるとその角栓を、
エサにアクネ菌が増殖して炎症を起こしできたのが
おでこニキビです。
大人ニキビは
ほとんどが、髪についてる汚れや整髪料が触れて刺激され
悪化したためにできると言われてます。

特におでこは Tゾーンと言われ、皮脂の分泌が多く悪化しやすく、自分でケアしても治る気配がない、もしくは、自信が無いなら早い段階で専門医に治療してもらった方が安全です。

このおでこニキビは早い段階で対処しないと酸化してシミ・黒ずみ・たるみ・毛穴の広がりの原因になります。


自分でケアできるおでこニキビケアは



①手を清潔にする


②洗顔1日に2~3回
力を入れて擦らない、綺麗に洗い流す、
1日何度も洗顔は皮脂を落とし過ぎて過剰分泌となり毛穴をつまらせる


③洗顔後は清潔なタオルで軽く押さえ水気をとる
刺激を加えないようにする
ケアするときには手を清潔に手には雑菌がたくさん!
髪がおでこニキビに触れないようにする(結ぶ・ピンでとめる)
髪の汚れ(整髪料)が刺激となり悪化しますので気をつけましょう。

おでこのニキビは自分で治せるか判断

炎症の軽い白ニキビ・黒ニキビの早い段階なら自分でも治せるかも・・・?しかし、赤くなり腫れてきたなら、専門医で治療した方が
悪化を防ぎ早く治せます。

自分で治せるなら費用も少なく、専門医に通う時間短縮などいいのですが、赤くなってきた場合に、いつまでもケアし続けるのは進行が進んで何度も通わなければいけなくなり負担費用も増えます。

それを考えるなら専門医で早く治療した方がいいですね (*^ 。^*)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加