乾燥肌を治すには化粧品選びから!

スポンサーリンク

外出するときには、お化粧をして出かけると思いますがその時にはファンデーションを使いますよね!その一般に出回っているファンデーションの成分は何から出来てるのかご存知でしょうか?

乾燥肌を治すには化粧品選びから!

乾燥肌を治すため化粧品を選ぶ!

ファンデーションの多くはミネラルオイルという成分、ミネラルだから体に良さそうに聞こえますが、それは鉱物油のことで、石油を分別蒸留させた時に残るカス(廃油)のことです。

油でできてますから使用感はシットリとして  塗った時もズッシリと塗った感じがあります。しかし 鉱物油の配合されたものを肌につけると!

例えばファンデーションに含まれる鉱物油(廃油)を塗ると皮脂腺は、錯覚を起こし、皮脂を出そうとしたときに時に既にそういう鉱物油((廃油)が塗ってあるので、皮脂が出ていると認識され引っ込んでしまい乾燥肌に!

また帰宅してからどうするでしょうか!

化粧を落としますよね!そのまんまだと乾燥するのでその後に乳液やナイトクリームなど、塗られるのではないでしょうか?

お肌をケアした成分に多くの鉱物油配合されていたら!今度は、寝てる時に皮脂腺が皮脂を出そうとしても、また油が塗ってあるから皮脂腺は皮脂を引っ込めてしまいます。この繰り返しがとうとう皮脂腺は働かなくなっていつの間にか、乾燥を加速化させしまうことになってしまいます。

アルカリ性は避ける!

ミネラルオイル(鉱物油)成分で仕上げられる製品の多くがアルカリ性なものだからやっかいです。アルカリ性の特徴は、汚れをシッカリ落とし仕上がりを綺麗にして持続させます。

お肌にとって必要な油まで落としてしまうため、乾燥をさらに加速させてしまい、肌へのダメージは大きくなってしまいます。さらに油は水を弾きますから肌から保水をしても吸収されにくくなり益々 乾燥肌になってしまうわけです。

お肌に良い化粧品と思い使ってる商品に鉱物油の配合されてたとしたら、良くなるどころかお肌を傷つけているかもしれません。ミネラルオイル(廃油)を知らないと万年乾燥肌の人がこれから益々増えてくるのではないでしょうか。

万年乾燥肌にならないためにも スキンケアにおける知識を持って化粧品は選びましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加