ダイエットを成功するには 痩せる食品に含まれるある成分が重要!

スポンサーリンク
Pocket

ダイエットを何度も経験してると最初のころは痩せるのは簡単だったのに
繰り返すたびに痩せにくくなってきます。そういうときは食品に含まれる
痩せる成分が重要!それを知ってるだけで食べる回数も自然と増やて痩せないから痩せる体質作りを目指せます。

ダイエットを成功させるファイトケミカル

ダイエットを加速化させる食品ファイトケミカル

「ファイトケミカル」って何!?

あまり聞いたことのない食品に含まれr成分「ファイトケミカル」は、「ポリフェノール」のように抗酸化作用がありアンチエイジングとして期待され、健康を維持する食品に含まれ重要な成分です。

現代は健康志向が高くサプリメントを摂る人が多く、このサプリメントにもファイトケミカルがたくさん含まれてます。

健康維持に効果のある重要な栄養成分であることから、今後ますます注目されるファイトケミカルについて紹介したいと思います。

***

健康のことを考えると食べ物は糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル分を含む栄養素を食べなければなりません。普段食べてる野菜や果物などの植物性の食品にファイトケミカル(非栄養素)は含まれていまず。

しかも9割はファイトケミカル!



食品に含まれてる栄養素は100種類程度に対してファイトケミカルの栄養素は1万種類!100倍になるファイトケミカルの効果は抗酸化作用・免疫系制御・解毒酵素誘導など健康志向の現代に欠かせない重要な役割をもってます。

ファイトケミカルが病気を防ぐ

白血球をよい状態にしてマクロファージは活性化

私たちの血液成分である白血球は免疫に関連した働きがあり、細菌やウイルスなど異物が体内に侵入すると白血球はその異物を取り込み消化と分解をおこない感染を防ぎます。

この白血球が正常に働かないと病気になるわけで、白血球をよい状態にして生活習慣や体調によって変動する白血球を構成するマクロファージは活性化されます。傷ついた組織の修復・食欲・睡眠・痛み・発熱など管理して病気を防ぐ重要な成分それがファイトケミカルです。
マクロファージとは

白血球の仲間で造血幹細胞から分化された単球は骨髄で成熟、血流に入ってから免疫に結びつくようになり感染防御の監視役として働き細菌やウイルスの侵入を防ぐ

ファイトケミカルでガン予防

ファイトケミカルを摂ってガン予防
 
淡色野菜に多い

1位:ニンニク  2位:キャベツ

3位:カンゾウ  4位:ショウガ  5位:セロリ

 
 果 物

1位:キウイ  2位:バナナ  3位:グレープフルーツ

4位:マンゴー  5位:ブドウ  6位:オレンジ

7位:パパイヤ  8位:パイナップル  9位:リンゴ

10位:メロン  11位:イチジク  12位:スイカ  

13位:ナシ  14位:モモ
1位のでキウイはファイトケミカルが14位モモの6倍!

バナナを買い置きしてると黒い斑点のついてきますよね、その時は少し熟成が進んでる状態ですがガン抑制効果は高くなります。(黒い斑点の付いてるバナナは価格も安いですね手軽に食べられます)

ファイトケミカルはアレルギーに効果

花粉症・アトピー・ぜんそくなどに効果!

アレルギーなどに有効な植物性食品

シソ・ショウガ

アレルギーを解消する薬のように即効性はありませんが、薬のように副作用リスクは少なくアレルギーのある方は適量を心がげて食べるようにしたいですね。



炎症を短期で回復

緑 茶

同じところの炎症を何度も繰り返すとダメージをうけた組織はガンを発症することも、ガンを防ぐには炎症が長期化しないよう抑えなければなりません。そんなとき緑茶に含まれるファイトケミカルは炎症を短期で回復させる効果があります。

ファイトケミカルの1日に必要な 量

ファイトケミカルは1日野菜(350g/日)、果物(200g/日)摂取するといいと考えられます。毎日野菜・果物を摂るのは難しいと思われるようでしたらサプリメントを利用して補うのもありです。

ファイトケミカルを多く含む食べ物野菜は淡色野菜で免疫力を高めるてくれますが、淡色野菜だけでは栄養は偏りますのでビタミンなどの栄養不足にならないよう緑黄色野菜と一緒にバランス良く摂るようにしましょう。

ダイエットに効果的なファイトケミカル



ダイエットはファイトケミカルが大切
果物に対してはカロリーが高いイメージでありますがそうでもありません。果物でファイトケミカル(200g/日)摂ったとしても1日分エネルギーの5%にしかなりません!

ダイエットしてるとき甘い(砂糖を含む)食べ物は血糖値を即効であげインシュリンをたくさん分泌するので脂肪として溜め込み太りやすくなりすが、果物の甘みは果糖なので血糖値の上がりは穏やかでインシュリンの分泌は少なく太りにくい!

甘い食べもは分解するときビタミンをたくさん使いお肌にも良くありません、果物にはビタミンC・ビタミンA・カリウムなど含まれてます。果物でファイトケミカルを補給するとダイエットしながらお肌まで綺麗に。

まとめ

ファイトケミカルの多い野菜・果物を今日から多めに摂ったとしても直ぐに効果の表れるものではありません。これまで知らない間に食べ物から摂っていたファイトケミカルはこれからも長期にわたって摂取していかなければなりません。

ファイトケミカルの効果を知ることで、この食材には多く含まれてるから食べようと思います。こういう認識が食べる回数も増え・・・!?

「健康的にダイエット」そして「糖尿病・ガン・動脈硬化」

を防ぎ健康敵な生活を続けられるのではないでしょうか。





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加