クレンジングの種類と特徴/使い分けて美肌つくり

スポンサーリンク

汚れは酸化して毛穴につまる
クレンジング種類と注意
メイクを1日してた肌には、皮脂などの汚れ、ちりやほこりがついています。綺麗な肌を保つためには、その日の内に、キチンとメイク、皮脂汚れは落としておかないと酸化して毛穴に詰まり肌トラブルの原因。

メイクを落すのに欠かせないクレンジングには、シートタイプ ローションタイプ ジェルタイプ ミルクタイプ クリームタイプ オイルタイプなどがあり、そのときの肌質、メイクの状態・使う場所からタイプを
選び使い分けます。

肌への負担が少なくして美肌を目指しましょう。

クレンジングの種類と特徴/使い分けて美肌つくり

シートタイプ
メイクを落す時間の無いとき、出先、などに直ぐにどこでも手軽に
使えて拭くだけで簡単にメイクオフのできます。


注意すること!
手軽で素早くメイクが落とせますが洗浄力が強い分、肌へのダメー
ジが大きく拭き取る際に肌を擦ると肌を傷つけます、日常的に使う
のは肌を痛めてしまうので気をつけましょう。


ローションタイプ
時間のない時、出先など、コットンに含ませて拭き取る、アルコー
ルがオイルの役割をしてメイク 皮脂汚れをおとしますが刺激があ
る場合もあり、アルコールの気化するときに水分を奪いますので乾
燥肌の方は使用を控えた方がいいかも知れません。


注意すること!
クレンジングローションの量が少ないと、肌にコットンカスが残っ
たり、拭き取るときの摩擦で肌を傷つけてしまうのでローション
はタップリと使い、拭き取るだけで済ませると界面活性剤など含
まれてると、肌トラブルの原因になりますから洗い流すことをお
すすめします。


ジェルタイプ
メイクとの馴染みがよく、お風呂に入って使えて触った感じはオ
イルやクリーム比べるとベタつかなく、あら洗い上がりもサラと
した感じです。


注意すること!
メイクと馴染むのにオイル、クリームより少し時間がかかるので
擦り過ぎないようにして下さい、またジェルの量が少ないと伸び
が悪くなり摩擦で肌を傷つけます。多すぎるとヌルヌルとして
洗い流しにくくなることも。


ミルクタイプ
とろみがあり、肌にやさしく刺激があまりなく乾燥肌、敏感肌方
には保湿力もあるのでおすすめです。肌にやさしい分メイク、皮
脂汚れの落ちも弱くなります、ポイントメイク、濃いメイクの場
合は先に、落ちの良いクレンジングで落とした方がいいです。


注意すること!
落ちが弱いので、薄い化粧、ノーメイクなどにミルクを使い、力
を入れ過ぎて擦ると、摩擦で肌を傷つけますから気をつけないと
いけません。


クリームタイプ
クリームには、拭き取リタイプと洗い流すスタイプの2種類があ
って、ベタつきがありますが、肌にやさしくミルクより洗浄力が
あります、乾燥肌、敏感肌方に保湿力もあるのでおすすめです。


注意すること!
肌を擦ると、摩擦で肌を傷つけつけてしまいます、流すスタイプ
は泡をシッカリつくり、どちらのタイプも力を入れ過ぎないよう
にしないといけません。
最近は洗浄力強い合成界面活性剤を含んでいるものが販売されて
ますから、乾燥肌、敏感肌の方は合成界面活性剤の含んでいるも
のは使用しない方がいいです。


オイルタイプ
石油由来の合成界面活性剤が含まれてる場合には、洗浄力が強い
ので、濃い目のメイクも簡単に落としますが肌への負担も大きく
なります。
優しく丁寧に正しく洗顔をするなら美容液の浸透力も高くなり綺
麗な肌になって来ます、しかし、皮脂を落とし過ぎると乾燥が進
み肌トラブルの原因になって来ます。


注意すること!
洗浄力が強く、肌に必用な潤い成分まで落としてしまうので、天
然系由来の界面活性剤の含まれてるオイルを使用して、メイクの
濃さによっては、オイル以外のものに変えたりして使い分けます。
洗顔時は擦らないようにしましょう。


汚れの落とし残りがあると肌トラブルの原因
濃いメイクは先に落として、ポイントメイクは専用のリムバーを使
い落とし洗い残しがないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加