便秘解消法には善玉菌 の代表格乳酸菌が効く

スポンサーリンク

便秘になると悪玉菌が有害物質を食べて繁殖!すると今度は
悪玉菌が毒素を排出して、その毒素は腸で吸収され血液から
体中に送られます。

便秘解消法には善玉菌 の代表格乳酸菌が効く
毒素を作らないために便秘を解消しないといけません。

コンニャクパワー!便秘解消とツルツル肌を作るで紹介。

コンニャクパワーで便が出るようになったら、善玉菌を増やして
腸内環境を良くしてあげましょう。

悪玉菌を制御する乳酸菌

悪玉菌を制御して腸内に毒素・有害物質をつくらい方法

大腸の中にる善玉菌と悪玉菌のバランスが重要です。善玉菌は良い菌、そして悪玉菌は悪者って感じですよね。でも悪玉菌が全部悪いことばかりしてるわけでははありません。

悪玉菌の中にいる大腸菌がビタミンの合成や感染を防いでくれるので全部の悪玉菌が悪者でありません、バランスの問題で便秘になってる場合は大腸の中は悪玉菌が善玉菌を上回っているだけです。

本来なら善玉菌が悪玉菌より多いとバランスはとれてよろしいのですが、バランスが崩れると悪玉菌が多くなってしまい便秘になります。

ほかにも悪玉菌が増えると肌からハリやツヤを失われ、しわや、しみといった老化現象が早まりますので、便秘を改善してあげないといけません

悪玉菌の増える原因!


悪玉菌が増える原因としては、動物性たんぱく質や脂肪(肉類)や高カロリーの食生活・ストレス・食べ過ぎ・飲み過ぎ・煙草などが原因で悪玉菌が善玉菌より多くなって便秘になってしまいます。


善玉菌を増やすにはどうする?


善玉菌の代表格「乳酸菌」を摂る

☆ ビフィズス菌
☆ ブルガリア菌、
☆ ヤクルト菌
☆ アシドフィルス菌


ビフィズス菌は悪玉菌を制御する!


中でも善玉菌を元気にしてあげるのにビフィズス菌が期待できます。


ビフィズス菌の特徴

酸素のない大腸内でも生きるビフィズス菌は、大腸で乳酸や酢酸をつくります、この作り出された酢酸は殺菌力が強く腸内を酸性 に保ってくれます。
腸内を酸性にすることで悪玉菌の繁殖を抑えられ増えるのを制御できます。
だったら 酢を飲んだ方が早いのでは・・・?
しかし酢は飲んでも小腸で吸収されてしまい、
大腸に届く酢の量はほんの少しだけ!腸内を酸性に保つ働きは
無くなってしまい悪玉菌を抑えられません。

善玉菌の代表格ビフィズス菌を元気にする!


ビフィズス菌を元気にする糖をエサであげます。オリゴ糖が大腸に届くとビフィズス菌はそれをエサにして元気になります。砂糖の場合は悪玉菌のエサになりますので砂糖の含まれる食品は控えましょう。

コンニャクの食物繊維で便意を強くして、便と一緒に有害物質排出したら、今度は善玉菌の代表格ビフィズス菌を元気にするためにオリゴ糖を摂取しましょう。

善玉菌が多く悪玉菌とのバランスが良くなった、腸から吸収された栄養成分は体の隅々まで届き綺麗な肌作りを目指せます。

善玉菌を元気にするために、乳酸菌を一度にたくさん摂取する
より毎日少しずつ摂取して継続することが大切です


日本食には乳酸菌の含まれる発酵食品がたくさんあります。
皆さんもご存知でですよね

納豆・味噌・漬物・醤油・キムチなどなど・・・

これらの食品はほんの一部です。洋食も美味しいいですが和食には豊富な乳酸菌!が含まれてます。和食を中心にバランスの良い食事で腸内環境を整え下さい
善玉菌を増やすオリゴ糖を含む食品

☆オリゴ糖を含んだ食品
大豆・ネギ・玉ねぎ・ゴボウ・ニンニク・アスパラガス
キャベツ・枝豆・ジャガイモ・トウモロコシ


食物繊維の豊富な野菜が並びました
時間のないときオリゴ糖を簡単に摂取するには、
牛乳・バナナなどがあります ^ ^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加