美肌を目指す女性に危険な界面活性剤の毒性

スポンサーリンク

界面活性剤、合成界面活性剤とはどんなもの!
kaimenkaseizai2013-1-25.jpg
界面活性剤には天然系と合成系とか表示されてます、
だけどこの天然系と合成系の違いは何だろう!と疑問に思ったことはありませんか!



界面活性剤
混ざり合わない水と油を混ぜ合わせるために使う原料が界面活性剤です、例えば卵に含まれるレシチンが界面活性剤の役目をしてます。

合成界面活性剤
水と油はそのままだと混ざりません、それは水と油の
間に界面があるからです、この界面に科学的につくった
合成界面活性剤を利用して水と油を混ざり合わせ(乳化}
て使いやすくしたものです。

界面活性剤にはおおまかに2通りに分かれる

安全な動植物性界面活性剤 危険な石油系界面活性剤に大別できます。


安全な天然界面活性剤

ガゼイン・牛乳の中に存在するタンパク質で牛乳の乳化に使われます。
大豆レシチン・化粧品原料に使われます。
レシチン・黄卵中にありマヨネーズ、マーガリン、チョコレートなどに使
われます。
サポニン・ヘチマ、お茶植物に含まれ、泡を作るのに使われます。

危険石油系界面活性剤

合成界面活性剤と石油系界面活性剤は同じようなもの、天然物の原料を使ってない物は化学的に見るとみんな合成界面活性剤です。

石油を原料に作られていて化粧品、クレンジング剤、シャンプー、石鹸
歯磨き粉、台所用洗剤、洗濯洗剤などあらゆるものに入っています。

皮膚を守るランゲルハンス細胞
肌の表面には、皮膚を守るガードマン ランゲルハンス細胞あるのですが、合成界面活性剤を使うと、このランゲルハンス細胞の異物を感知する突起を溶かしてしまい、
正常に働かなくなりきれいな肌に治すことができなくなってしまいます。

肌内部では保湿力が弱くなり乾燥しやすくなり、
敏感肌、乾燥肌となり肌のトラブルなどで老化を進めてしまいます。

きれいな肌でいるためにも、長期にわたって合成界面活性剤配合の化粧品などを使用すると毒性のある合成界面活性剤は、完全に分解されないので少しずつ蓄積されて人体に悪影響を与えてしまい、アトピー、乾燥・しわ・肌荒れ、薄毛などのトラブルの原因となります。

人体に悪いと分かってるのに石油系界面活性剤を使うのは!

石油系界面活性剤は価格が安いのでコストの削減ができます、CMにも大きく影響されてるようで、メディア関係も大手メーカーがスポンサーで収入源ですから断ることはないでしょう。

また国の基準でも使用で来るようになってるからです。きれいな肌、健康な体を維持するためにも、できる限り合成界面活性剤の含まれていない安全な商品を選びましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加